きくぞのケアパークは福祉・介護を通じて地域 (パーク) を”笑顔の花”でいっぱいにします。 きくぞのケアパーク株式会社
  トップ   施設案内   はじめての方へ   サービス案内   スタッフ日記
はじめての方へ はじめて介護サービスをご利用なる方へ申請の手引き
介護サービスを利用するためには、市長村に申請して「介護や支援が必要である」との認定を受けることが必要です。窓口に申請すると、訪問調査や審査を経て、介護が必要な状態かどうか?また、どのくらい介護が必要であるかが決まります。
介護サービス開始までの流れ

申請

 
本人、または家族が、市町村の窓口に、
必要書類を提出して、申請します。
 <申請の依頼ができるその他の施設>
● 地域包括支援センター
● 居宅介護支援事業者
● 介護保険施設
 <申請に必要なもの>
● 申請書(市町村の窓口に置いてあります)
● 介護保険の保険証
 (40〜64歳の方は健康保険の保険証)

訪問調査

 
市町村の調査員が家庭を訪問し、
心身の状態や日中の生活、
家族・居住環境などについて
聞き取り調査を行います。

主治医の意見書

 
市町村の依頼により
主治医が医学的な立場から、
介護が必要な状況について、
意見書を書きます。

要介護度の審査・認定

 
訪問調査と医師の意見書を元に、
介護の必要性や、どの程度の介護を要するか、
介護や支援が必要な度合い
(要介護度)が決まります。

認定結果の通知

 
審査の結果と要介護度を示した
認定結果が届きます。
原則として、通知は申請から
30日以内に届きます。
要介護1〜5
心身の障害のために、入浴、排泄、食事など日常生活での基本的な動作について、6ヶ月以上継続して介護を要すると見込まれる状態にある人です。
 
決められた利用限度額の範囲内で、必要な在宅サービスを組み合わせて利用することができます。
施設サービス(介護老地域の人福祉施設、介護老人保健施設、介護療養型医療施設への入所)も利用することができます。
要介護1・2
要介護状態とはまではいかないものの、6ヶ月以上継続して日常生活をおくる上で支障があると見込まれる状態(例えば身支度や掃除、洗濯、買い物等身の回りのことに介助が必要等)にある人です。
 
決められた利用限度額の範囲内で、在宅サービス(痴呆対応共同生活、介護を除く)を自由に組み合わせて利用することができます。
施設サービス(介護老人福祉施設、介護老人保健施設、介護療養型医、療施設への入所)の利用はできません。

ケアプランの作成

 
介護サービスを受けるには、
ケアプラン(介護サービス計画)を作って、
市区町村へ届け出る必要があります。
要支援と要介護では、相談先が違います。
要支援と認定された方は地域包括支援センターへ 要介護と認定された方は居宅介護支援事業者へ

介護サービスの開始

 
ケアプランに沿った
介護サービスを提供する
事業者と契約すれば
介護サービスの開始です。

施設の所在地や
特徴・概要について
ご紹介いたします

介護サービスをはじめて
ご利用になる方へ、申請
方法をご説明いたします

ご利用いただける
介護サービスについて
ご案内いたします

きくぞのケアパークでの
日々の生活を綴った
スタッフ日記

今月の献立
今月のイベント
 
Copyright Kikuzono Care Park Co., Ltd. All Rights Reserved. プライバシーポリシー